the simple

ワクワクすること、働き方や仕事について、僕が学生の時に知りたかったことを発信するブログです。

エナジードリンク系ビジネス書の読書術

最近のビジネス書はエナジードリンクだ。最近では、News Picks Bookや、堀江さん、幻冬社の箕輪さん、キングコング西野さんなど、ビジネス書をよく読む人ならわかる、”あの界隈”の方々の本が非常によく売れる。僕自身、彼らの本を読んだのは大学生の時で、こ…

やると決めたことをやれない人たちへ

毎日朝早く起きてランニングをする!、通勤時間中は読書をする!、ブログを書く!など習慣として実践していきたいと考えていることは山ほどある。その中で個人としてできていることと、できていないことがある。恐らく三日坊主になったり、数ヶ月するとそれ…

ちょっとした興味を見逃さない

「自分のやりたいと思えることがない。」自分のやりたいと思えることがない。ビジネスパーソンならば誰しもが抱える悩みだと思います。かくいう僕もその1人で、入社して半年ですが、自分のこれだ!というものが見つけられていない日々を未だ過ごしています。…

芯のない意思決定はただのギャンブル

物事の意思決定には必ず自分の中の芯が必要だし、その芯のない意思決定はただのギャンブルだよという話。あるAという決断をするとする。その時に、「なぜAを選ぶか?」という自明すぎる問いを言語化して答えられる状態が必要だと僕は改めて思う。物事には理…

好きの時間を増やす

平日の仕事に満足がいっていない状態で、定時後と週末をワクワクしている自分が好きじゃない。そんな状態がここ数ヶ月続いていました。だけど、そんなに生き急がなくて、そういう状態もいいんじゃないかという話。 平日の仕事は別に会社に行きたくない、働き…

お金を考えることと距離をおく

僕は内定期間の時にお金に関する本を読み漁った。本と言ってもどれも読みやすいものばかりで、いくつか有名なものを抜粋すると、ベストセラーの「金持ち父さん貧乏父さん」や、堀江貴文氏が書いた「お金はいつも正しい」や、出口治明氏の「働く君に伝えたい…

「仮説検証」を重ねる重要性

仕事を進めて行く上で、「仮説検証」を意識することは大事だと思う。巷に溢れるビジネス書に書かれているため、内容が陳腐化してしまっているが、この二つの行為を意識的に取り組むことで、何事も伸びのある成果を手に入れることができると信じている。いざ…

投資と消費

社会人になると学生の時以上にお金のマネジメントを行い、お金を使う機会が学生時代と比較すると格段に増える。その際に、お金の勉強をしているかしていないかで、きっと長期的に見たら変化があると思う。僕は内定者期間にお金の勉強をまとめてしたつもりだ…

ワクワクが消えたら終わりの話

仕事をしていて、一番の継続の基準はその仕事にワクワクしているかだと思う。入社5ヶ月目にして、おそらくこの価値基準は間違っていないと確信した。これはきっと、社会人として仕事をしていく上で、自分にとっての大事な価値観になるから大切にしていきたい…

転職を考える前に整理すること

転職をしようと考えている。それでもサクッとじゃあ転職しようかと動けない。その理由を分析も兼ねてまとめることにする。 ①年収ダウン②やりたいことはまだわからない③転職しても、今抱えているモヤモヤ感が晴れるかはわからない ざっと考えてこんなものだ。…